引越し見積もりは何社くらいの引越し業者に依頼すると良いか

引越し見積もりは何社くらいの引越し業者に依頼すると良いか

引越しの見積もりを複数の引越し業者に依頼して、その中で引越し料金やサービスとか対応などを比較してから「どの引越し業者に引越しを依頼するのかを決める」として、じゃぁ何社くらいの引越し業者に訪問での見積もりを依頼すれば良いのかという疑問が出てきますね。

家族での引越しの場合と単身での引越しの場合は少し違ってきますが、実際に引越しの見積もり依頼のサービスサイトを利用して引越しをされた方の例でご紹介します。

引越し見積もりは何社くらいの引越し業者に依頼すると良いの?

まず、単身での引越しでも荷物が好きない場合、例えば必要最低限の物だけ「引越し単身パック」のような専用の網コン(カーゴコンテナ―)での定額のサービスを使う場合と、一般的な引越しと同じように荷物が多い場合では違ってきます。

同じことが大学などへの進学の為の引越しの場合などにも言えますね。

家族や夫婦での引越しの場合は引越し荷物は多くなります。

それらを踏まえて実際に引越しをされた例と引越し業者から見た例をご紹介します。


家族(夫婦と子供2人)の場合の実際の例

実例参考記事⇒「引越しの一括見積もりを請求すると訪問見積もりの電話が!

まず、引越し費用を安くするために「ズバット引越し比較」を利用して一括見積もりを4件に依頼したのですが、実際に訪問見積もりの連絡が来たのが3社でした。

ただ、この時もっと多くの引越し業者に依頼したかったそうですが、なぜか4件にしか依頼できなかったとの事です。

この時の注意点は、「ズバット引越し比較」に参加していない他の引越し業者にも依頼したかったので「HOME'Sの引越一括見積もり」でも依頼して、2社に訪問見積もりを依頼しています。

この時5社から「訪問見積もりの電話」とスケジュール調整に困ったとの事です。

実は実際には4社の訪問見積もりだけで5社目の訪問見積もりは無かったそうですが、4社の訪問見積もりで丁度良かったという感想を頂きました。

いち早く訪問見積もりに訪れた引越し業者が段ボールを置いて帰ったそうですが、その段ボールを見て後から訪問見積もりに訪れた引越し業者が引越し費用面で最初から白旗状態だったとの事です。

しかし、4件目の引越し業者が交渉してみると費用を含めた条件面で良くて4件目の引越し業者に引越しを依頼したとの事です。

引越し業者の最初から提示できる費用はどうしてもある引越し業者が安いようですが、4社の引越し業者に訪問見積もりを依頼して、実際に交渉してみると費用を含めた条件面などトータルでその違いが分かり、納得した見積もり引越しが出来たとの事です。

上記のような体験談や電話や訪問見積もりに掛かる時間を踏まえても4社くらいが引越し見積もりを引越し業者に依頼すると良い数ですね。


単身で荷物が少ない場合の引越し業者から見た例

じつは私は多くの引越しを手掛けてきましたが、単身や荷物が少ない方の引越しとして「引越し単身パック」のような専用の網コン(カーゴコンテナ―)の引越しも多かったですね。

引越しする方が自分で積み込むのではなく、私が専用の網コン(カーゴコンテナ―)に荷物を載せて、他のトラックと同梱して運ぶようにするのですが、「ズバット引越し比較」のようなサービスを使う場合は「単身」にチェックして、少し多めの引越し業者に依頼するのをお勧めします。

引越し先が遠方の場合は大手の引越し業者を中心にした方が良いですね。

特に、沖縄や離島の場合は実際に運ぶのはその路線を持つ提携業者が運ぶ事が多いので、費用が1万円違っても実は運ぶのは、引っ越す業者の営業所以降は同じ提携業者という場合もあります。

「引越し単身パック」のような専用の網コン(カーゴコンテナ―)の引越しの場合は、付随のサービスなど余り気にしなくても良いので、費用面で比較できるように5社から10社から引越しの見積もりを取ると比較しやすいですね。

【この記事のURL】
http://xn--68j9dya1778bncc6z0apjglovml5aimi.com/houmon-point/point-15.html

アート引越センターの引越し見積もりはこちら

94363ef6576a.gif

引越し一括見積もりなら「ズバット引越し比較)