引越しの訪問見積もりの時に引越し業者が置いて行く段ボールに注意!

引越しの訪問見積もりの時に引越し業者が置いて行く段ボールに注意!

引越しに段ボールは必需品です!

引越し業者は一括見積もりサイトからの見積もり特典として、「段ボール50箱無料」といったサービスを行っている所が多いのですが・・・・。

この「段ボール」を引越しの訪問見積もりの時に持ってきて、見積もりして契約していなくてもそのまま置いて帰るという事があります。

そのまま段ボールを置いて帰った引越し業者に引越しを依頼するのならそれで良いのですが、違う引越し業者に依頼する場合にはちょっと困ったことになります。


どうして見積もりに来て段ボールを置いて帰るの?

その引越し業者に引越しを依頼して、そのための引越しの見積もりなら段ボールを置いて帰るのは手間も省けて良いですね。

しかし、複数の引越し業者に引越しの見積もりを頼んでいる場合など、引越し業者も他の引越し業者に「すでに見積もりをしている事」を分かるようにするという事があります。

また、心情的にも見積もりがあまり違わない場合は、段ボールがある方の引越し業者にと思うような事もあるかもしれません。

実際にすでに置いてある段ボールを見て、他の引越し業者が見積もりで競う気が無くなるという事もあるのは仕方ないかもしれません。


置いて帰った段ボールは?

段ボールを置いて帰ったのと違う引越し業者に決めた場合は?

段ボールを見積もりの時に置いて帰った引越し業者に引越しの依頼をした場合は、そのまま引越しの準備に使えますが、違う引越し業者に引越しを依頼した場合は・・・段ボールは置いて帰った引越し業者に返却すると考えて下さい。

引越しの一括見積もりの特典でも「契約した場合」となっています。

じゃぁ、返すってどうするの?

ここが意外な「引越し見積もりの注意点」です。

まずは段ボールを置いて帰った引越し業者に段ボールをどうするか問い合わせるのが一番です!

勝手に「置いて帰ったんだから」と使ってはいけませんよ。

置いて帰った段ボールをどうするかを聞いて、「回収に来るのか」、「持って行かないといけないのか」を確認しておきましょう。

「差し上げますのでお使いください」との返事があった場合は、その方の部署とお名前を聞いてチェックしておきましょう。(あとのトラブル回避のため)

しかし、違う引越し業者置いて帰った段ボールは「返却」が基本です。

なかには引越しを依頼した引越し業者が代わりに段ボールを返却しに行ってくれるという事もあるようですが、無理にという分けには行きません。


引越しの訪問見積もりの時に置いて行く段ボールにはどうする?

もって帰って貰う、または違う引越し業者に引越しを依頼した場合は回収に来てくれることを確認するのが、一番です。

【体験談】実際に置いて帰った段ボールを、営業所までわざわざ来るまで返しに行った。

・・・手間ですね。

車が無い場合など特に困りますから、「違う引越し業者に引越しを依頼した場合は回収に来てくれることを確認」出来ない場合は持って帰って貰うのが一番手間なくトラブルにもなりません。

【この記事のURL】
http://xn--68j9dya1778bncc6z0apjglovml5aimi.com/point/point-10.html

アート引越センターの引越し見積もりはこちら

94363ef6576a.gif

引越し一括見積もりなら「ズバット引越し比較)