引越し見積もりの内容は国土交通省の標準引越運送約款で決まってるのでここに注意!

引越し見積もりの内容は国土交通省の標準引越運送約款で決まってるのでここに注意!

「引越しの見積もりの内容ってどんな内容なんだろう?」といった疑問があると思いますが、国土交通省の標準引越運送約款には第2章に「見積もり」という項目があり、引越し業者はそこに則り引越しも見積もりを行い、見積書を作ります。

※引越し業者は事業用の緑ナンバーのトラックで引越しの荷物を運びます。

この(国土交通省の)標準引越運送約款は、引越しの見積もりの時に提示する事になっていますので、しっかり確認しておきましょう。

では、その標準引越運送約款の第2章「見積もり」の項目から注意しておきたいポイントをピックアップします。

その前に、まず標準引越運送約款の第2章「見積もり」の項目をご紹介しておきます。

第二章 見積り
(見積り)
第三条 当店は、引越運送及びこれに附帯するサービスに要する運賃及び料金(以下「運賃等」という。)について、試算(以下「見積り」という。)を行います。
2 見積りを行ったときは、次の事項を記載した見積書を申込者に発行します。
 一 申込者の氏名又は名称、住所及び電話番号
 二 荷受人の氏名又は名称、住所及び電話番号
 三 荷物の受取日時及び引渡日
 四 発送地及び到達地の地名、地番及び連絡先電話番号
 五 運賃等の合計額、内訳及び支払方法
 六 解約手数料の額
 七 当店の名称、事業許可番号、住所、電話番号、見積り担当者の氏名及び問い合わせ窓口電話番号
 八 荷送人及び荷受人並びに当店が行う作業内容
 九 その他見積りに関し必要な事項
3 前項第五号の記載については、第三号及び第四号の事項並びに積込み又は取卸し作業等に応じて運賃等の内容ごとに区分してわかりやすく記載します。
4 見積料は請求しません。ただし、発送地又は到達地において下見を行った場合に限り、下見に要した費用を請求することがあります。この場合には、見積りを行う前にその金額を申込者に通知し、了解を得ることとします。
5 当店は、見積りの際に内金、手付金等(前項ただし書の規定による下見に要した費用を除く。)を請求しません。
6 当店は、見積り時に申込者に対して、この約款を提示します。
7 当店は、見積書に記載した荷物の受取日の二日前までに、申込者に対して、見積書の記載内容の変更の有無等について確認を行います。

引用:国土交通省 標準引越運送約款


hikkoshi18.jpg

上記の標準引越運送約款の第2章「見積もり」の項目中での注意しておきたいのは全てなんですが、中でも特に4と5ですね。

4の「見積料は請求しません。」という部分です。

ただし、その次の「発送地又は到達地において下見を行った場合に限り、下見に要した費用を請求することがあります。」とありますが、この場合でも事前に見積もり費用を通知して了解が必要ですから、ここの「」了解が必要」という所が注意ポイントです!

5の「見積りの際に内金、手付金等を請求しません。」ですが、4のただし書の規定による下見に要した費用に了解していた場合以外は必要ありません。

例えば、見積もりの時に「見積もりには手付金が○万円必要です」といった事はありません!ここが注意点ですね。

それと2の五にあるように、見積書に記載した引越し費用の支払い方法で支払うという事もポイントです。

現金で支払う事にしていたのに引越しの当日にクレジットカード支払うといった事は出来ないので注意したいですね。

そういった場合が考えられる場合は見積もり内容の変更等の有無が2日前までに確認されますので、その時に変更を伝えたいですね。

ただし、引越し業者によっては現金以外の引越し費用の支払いが出来ない場合がありますので注意して下さい。


引越しの見積書の内容(項目等)については次の記事でご紹介します。

【この記事のURL】
http://xn--68j9dya1778bncc6z0apjglovml5aimi.com/point/post-1.html

アート引越センターの引越し見積もりはこちら

94363ef6576a.gif

引越し一括見積もりなら「ズバット引越し比較)