引越しの訪問見積もりを受けての所感

引越しの訪問見積もりを受けての所感

子どもが生まれ、アパートから一戸建てへの引越しの時、訪問見積もりを依頼しました。

子どもがまだ生後2ヶ月で冬だったので、子どもを連れて出かけるのは大変なので助かりました。

しかし、訪問見積もりで来てくれる担当者によって良かったかどうかは違いました。

訪問見積もりを二件依頼したのですが、良かったのはこちらの事を考えてくれた女性の担当者さんの場合ですが、まずはいらいらした一件目から書いて行きます。

一件目は「見積もりでお米プレゼント!」にも惹かれ、依頼。来てくれた40~50代の男性はとにかく一生懸命説明してくれるのですが、ありったけ全部話す!という感じで説明が長い!!

こちらとしては要点をかいつまんで、例えばどんなところまでやってくれるとか、サービスとか、所要時間や値段だけが分かればよかったのに。

しかも子どもがぐずりだし、「あの、手短に、、、」と言っても「分かりました」と言いつつ話は止まらず、終いにはこちらもいらいらしてしまいました。

お米だけいただき、依頼はしませんでした。

二件目は一件目の方と同年代の女性が来てくれて、小さな子どもがいることをすごく重視してくれて、「子どもさんがいるから手短のほうがいいですね」と、説明はポイントを抑えて短時間に行ってくれました。

手短でも説明不足ということはなく、満足のいくものでした。

担当の方の性格などもあるのでしょうが、私の場合は女性ということで安心できたことは大きかったです。

引っ越す方が子持ちで主婦で、ならば訪問見積もりの時に女性を指名することをオススメします。

引越し当日の段取りの相談も、女性同士だと細かい所まで話しやすくてよかったです。

hikkoshi23.png

【ポイント!】

「引越しの訪問見積もりを受けての所感」という体験談をお寄せいただいた中からご紹介させていただきました。

2社に訪問見積もりを依頼するも「訪問見積もりに来る担当者により安心できるかどうかも変わってくる」ということを実感されたようですね。

『小さな子どもがいることをすごく重視してくれて、「子どもさんがいるから手短のほうがいいですね」と、説明はポイントを抑えて短時間に行ってくれました。』っと訪問見積もりの良かった一例ですね。

一件目の引っ越し業者はマニュアルに沿う事ばかりを考えていたんでしょうね、「過ぎたるは及ばざるに等しい」ということですね。

「引っ越す方が子持ちで主婦で、ならば訪問見積もりの時に女性を指名することをオススメします。」との事ですが、たしかにこれはお願いしてみるとよいですね。

ただ、訪問見積もりの担当者はその引越し業者により女性が居ない場合などありますから、必ず女性を指名できるとは限りません。

だた、多くの引越し業者の訪問見積もりの担当者の方は、安心して引越しの依頼をして頂けるように心がけていますよ。。

でも、頼んでみるのは良いですね、なにより「安心して任せる事が出来る」というのは大切です。

【この記事のURL】
http://xn--68j9dya1778bncc6z0apjglovml5aimi.com/taiken-point/point-23.html

アート引越センターの引越し見積もりはこちら

94363ef6576a.gif

引越し一括見積もりなら「ズバット引越し比較)